.06

開催概要

 
イベント名 3331α Art Hack Day(サンサンサンイチ アルファ アートハックデイ 2016)
概要 参加申し込みから選出された50名〜60名のアーティストやエンジニアが一堂に会し、芸術と技術が融合した新たな作品を3日間で即興的にその場で制作するイベント(アートハッカソン)
日程 ・ BEFORE(参加者募集期間):10/03(月)〜10/25(火) ※10/26(水)当選者発表
・ DAY1(アイデアソン):11/05(土) 10:00-21:00(レセプション含む)
・ DAY2(ハッカソン):11/19(土) 10:00-21:00
・ DAY3(ハッカソン & プレゼン):11/20(日) 10:00-21:00(レセプション含む)
・ AFTER(展覧会):11/21(月)〜27(日) ※11/21(月)〜24(木) 調整および設営
会場 日比谷線/東西線 茅場町駅 徒歩1分
※詳細は当選者のみにご連絡
審査員 (敬称略、順不同)※合計4名、順次公開予定
池上高志(複雑系科学/ALife研究者、東京大学教授)
落合陽一(メディアアーティスト)
登壇者 (敬称略、順不同)※合計2名、順次公開予定
池上高志(複雑系科学/ALife研究者、東京大学教授)
岡瑞起(工学博士、筑波大学大学院システム情報工学研究科・准教授)
参加者定員 50名〜60名(事前審査制)
・参加申込者や関係者からの推薦者から選出します。
・選出された方のみに詳細情報をご連絡します。
・作品保護や集中できる環境整備のために、メディア取材以外での見学はお断りしています。
参加費 参加費無料
参加費に含まれるもの:
・DAY1〜DAY3および展覧会への参加費用
・DAY1とDAY3のランチ(軽食)費用
・DAY1とDAY3のレセプション参加費(ディナーあり)

参加費に含まれないもの(自己負担):
・上記で明示されていない費用
・上記以外の食費
・交通費や宿泊費
・部品購入や技術サービスなど作品制作に関わる費用など
参加申し込み資格 下記条件を満たすこと:
・3日間全てに参加し、作品の制作に関われる方(やむを得ない事情がある場合には応相談)
・新たな表現に挑戦したい方、もしくは現在の作品をさらに拡張したい方
・作品作り/モノ作りに情熱を持っている方、もしくは作品作り/モノ作りこそ自分にとって最高のエンターテイメントだと思っている方

下記条件のいずれかに当てはまる方:
・陶芸、彫刻、空間演出、映像、写真、音楽、グラフィック、データビジュアライズなど分野問わずアーティストとして既に活動されている方
・WEBサービス開発、組込開発などソフトウェア、ハードウェア、デジタルファブリケーションなど分野問わずエンジニアとして既に活動されている方
・物理学、化学、生物学、地球科学、天文学など分野問わず研究者として既に活動されている方
※プロ・アマ不問。
※エンジニア以外の方は、ITやプログラミングのスキルは不要です。
期待する作品像 「生命体としてのテクノロジー」を表現した展示可能な作品
持ち物 ・Mac もしくはWindows PC(イベント中のリサーチ作業時などに使用します)
・印刷されたポートフォリオ(イベント中の自己紹介時に使用します)
・(制作する作品に応じて)部品や素材など
主催 3331alpha
コミュニティアートを推進するアートセンター「3331 Arts Chiyoda」と クリエイティブ・コミュニティ創出を専門とするデザインファーム「VOLOCITEE Inc.」が共同で立ち上げたプロジェクト。 アーティストと他分野との共創を通して、社会におけるアーティストの地位向上を目指します。
パートナー テックショップジャパン株式会社
ALife Lab.
株式会社バリュープレス
平和不動産株式会社
AACTOKYO
お問い合せ先 Art Hack Day 事務局(VOLOCITEE Inc.内):
arthackday[at]volocitee.com
※ [at]を@に書き換えてください。